いつでもどこでも

必要な情報を


課題

 

適切な位置に適切な実装部品

実装部品の種類や数量不足は、SMTアセンブリで予期しないマシンのダウンタイムにつながる最大の原因です。部品の収納場所のミス、不正確な在庫残数、リールへの誤ったラベル貼付など、そのいずれであっても、結果は常に深刻な事態を招きます。生産時間を無駄にし、納期に間に合わなくなります。間違った部品が基板に実装されると、修復作業または基板廃棄による大きなコストが発生することは言うまでもありません。

 

材料や情報がボトルネックに

現代の電子機器の生産現場は、毎日何千もの実装部品数、新製品、製品改定を扱う非常に複雑な環境で行われています。絶え間なく変化する生産計画により、いたるところに新たな課題が待ち構えています。さらに、取引先は生産ラインが飽和状態にあっても、常に迅速な対応を求めてきます。適切な手段がなければ、この回避不可能な複雑さが、頻繁な生産効率の低下や設備稼働率の低下を招いてしまいます。


ソリューション

 

すべての動きを追跡

工場全体を網羅した部品のデータベースが、マイクロニックの部品管理システムのバックボーンです。独自のキャリアIDラベルと組み合わせることで、システムは、個々のリール、スティックやトレイの数量および所在を追跡することができます。実装機は、生産を始めると実際の部品の消費量を報告し、在庫の動きはすべてデータベースに記録されます。ロケーションバーコードを使えば、防湿倉庫、リペアエリア、手付実装エリアでの部品追跡にも活用することができます。

 

あらゆるバッチサイズに対応

在庫残数管理の精度が上がれば、正確な計画が立てられます。 マイクロニックのプランニングツールは、さらに優れた能力を発揮します。マイクロニックのJob Sequence Optimizerは、いかなる多品種およびバッチサイズであっても、最善の生産順序と段取り替えを算出します。可能な限り最高の稼働時間と処理量を維持しながら、変化に迅速に対応できるように構築されています。

 

いつでも、どこでも情報が入手可能

キッティングシステムとフィーダーローディングの指示が完全にグラフィック化され、WYSIWYG(見たままが得られる)でオペレーターに提示されます。 補充の指示についても同様です。当社のソフトウェアは、どの部品が次に不足し、交換部品がどこにあるか教えてくれます。SMD タワーに自動で供給を指令することさえできます。 マイクロニックの最新の技術革新であるAgilis Smart Binは、個々のビン(バスケット)に取り付けられている電子ラベルに、直接段取りの指示を送信します。

 

防湿部品の自動管理

SMD タワーと組み合わせれば、防湿部品の保管もサポートできます。 部品ごとに使用期限タイマーを設定し、部品がタワーから出入りする際に自動的にタイマーが始動、停止します。部品の使用期限が切れると、システムはオペレーターにその部品が期限切れであることを警告します。




約束

 

マイクロニックのソリューションは、部品追跡、および部品在庫残数の管理において 、業界で最も正確かつエラーのないシステムを提供しています。バーコードによるフィーダーのロード、電子ラベル上の作業指示、コンパクトで自動化された部品管理ユニットなど、材料の取り扱いは、かつてないほど簡単になりました。マイクロニックの強力なJob Sequence Optimizerを加えると、高度に自動化されたプランニング、キッティング及び部品、補充機能で、フィーダ ーに無駄な動きがなくなり、時間と資材の節約につながります。


お問い合わせ

ご質問・製品またはサービスの詳細についてのお問い合わせは下記のフォームでお気軽にお問合せください。折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

メールアドレスを入力してください
メッセージを入力してください