PIシリーズ 3D SPI

完璧なはんだ接合を
簡単に達成

PIシリーズ 3D SPI

完璧なはんだ接合を
簡単に達成

PIシリーズ 3D SPI

完璧なはんだ接合を
簡単に達成

正確なクリームはんだ検査が

かつてなく簡単に

比類ない精度ではんだ量を測定します。有意義な自動パッドグループ化により、工程と公差設定を改善。さらに、オンラインとオフラインの両方で工程のリアルタイム監視が可能です。PIシリーズは特許取得済みのZリファレンステクノロジーを採用したことで従来のSPIの限界を克服、最小サイズのパッドでもクリームはんだ量を極めて正確に測定します。そのため、オペレーターの経験値にかかわらず、曖昧さを排除した情報が得られます。また、広範な自動スマートプログラミング機能の組み合わせにより、高品質な検査をラインタクトタイム内で確実に行うことができます。


主な利点

  • 正確な
    Zリファレンステクノロジー
  • 工程結果
    を何度でも再現
  • 簡単な
    自動プログラミング

明瞭で簡単な検査管理

明瞭、簡単。このような言葉がクリームはんだ検査(SPI)の複雑なプロセスと結び付けられることはまずありません。しかし、PIシリーズは違います。直感的なタッチスクリーンインターフェースにより、たった1時間のトレーニングを受けただけで、誰でも簡単にセットアップして実行することができます。キャリブレーションもボタンにタッチするだけです。基板を1枚スキャンするだけで、あとはマシンが自動的に自身のプログラミングを行います。そして、SMTライン全体で安定したパフォーマンスが一貫して保たれます。微調整の必要はありません。

比類ない精度ではんだ量を測定

正確なはんだ検査の鍵を握るのが、Z参照です。この技術により、PIシリーズはパッド周囲の小さなトリミングエリアのみを参照するのではなく、超広角の3D画角で何百という参照をキャプチャします。そのため、最小サイズのパッドでさえも、塗布されたはんだの正確な量を知ることができます。基板の歪みにかかわらず、あらゆるタイプの実際の製造環境で常に正確な測定値が得られます。

プリント工程を確実にコントロール

工程管理をさらに強化するために、PIシリーズにはエリア開口率(AAR)によるパッドの自動グループ化機能が搭載されています。これにより、製品のタイプにかかわらず、工程と設定公差の継続的改善が可能になります。また、超広角3Dレビュー画像を提供するため、診断も容易です。生産高を上げるために組み込み型の閉ループ機能を使用していても、SIGMA Liveでリアルタイムの工程監視を行っていても、PIシリーズならプリント工程を完全にコントロールして、すべてのバッチで製品品質の向上と生産高アップとの両立を確実に果たすことができます。パフォーマンスの経時変化を追跡するには、SIGMA Analysisが有益な知見や傾向分析を生成して、進捗状況の報告・監視を支援します。


パンフレット


お客様のベストパートナーとして

マイクロニックはエレクトロニクス業界で40年以上の歴史を持ち、独自のマーケットリーダーとしての地位を築くことができました。市場の急速な変化を把握し、50カ国以上でお客様を支援するための強力な地域地盤を持っています。マイクロニックは、将来を保証するテクノロジーを、与えられた使命とともに心をこめてお客様にご提供します。


お問い合わせ

ご質問・製品またはサービスの詳細についてのお問い合わせは下記のフォームでお気軽にお問合せください。折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

メールアドレスを入力してください
メッセージを入力してください

To help us improve the website experience we would like to set Google Analytics cookies to collect information on how you use the website. For more information on how these cookies work please see our cookies policy. The cookies collect information in an anonymous form.