完全なボリュームコントロール

完全なはんだ接合へ


課題

スクリーン印刷はこれまで製造業で大いに活用され、長年にわたり実質的に制限のない印刷スピードをもたらしました。しかし一方で、代償も伴いました。頻繁な段取り替えに伴い、メタルマスクの洗浄と保管のコストが増え、エラーの原因にもなっています。これまでのソリューションで今日の生産上の課題を解決しようとしても、卓越した結果は生み出せません。事実、プリント基板の欠陥の大多数は、スクリーン印刷工程まで遡ることができます。同時に、世界中のメーカーは、品質に妥協することなく、多品種生産へのトレンドに遅れることのないよう、対応を迫られています。


ソリューション

 

データインポート、最適化、オンデマンド印刷

MY600ジェットプリンターは、競合他社に差をつけ、より柔軟で収益性の高い生産に向けて大きな飛躍を成し遂げます。ジェット印刷がスクリーン印刷に取って代わり、より優れたはんだ接合の精度をもたらしつつ、お客様のご要望と変化への迅速な対応が可能になります。MY600ジェットプリンターを使えば、メタルマスクの発注、変更、保管に時間を費やす必要はありません。オペレータの介入も最小限に抑えられるため、ヒューマンエラーも激減します。CADデータやガーバーデータをインポートし、個々の部品に対しはんだ塗布量を最適化するだけで印刷可能ですので、レスポンスタイムはこれまでの数日から数時間あるいは数分に劇的に短縮されます。

 

複雑な基板の設計

ジェット印刷は、お客様の既存生産ラインを最大限に活かしながら、最新の困難な設計や部品へのはんだ印刷を可能にします。スクリーン印刷がブロードバンド技術、キャビティ基板、基板の伸縮に苦戦している一方、ジェットプリンティングはフルボリューム制御を繰り返し、完璧なドット形状をもたらします。またジェットプリンティングを使うことにより、オペレータは部品の組み合わせに応じて、ドットサイズを自在に調整することができるので、例えば、DPAKの隣に小さい部品を実装するということが、これまでにないほど簡単で正確にできるようになりました。

 

 


ジェットプリント
部品毎に最適なはんだ塗布量を自在に調整可能です
常に完全な半田接合

 


約束

多くの点で、メタルマスクレスは実装メーカーの夢でした。MY600ジェットプリンターなら、メタルマスクの仕様決め、発注から保管と納品まで、生産速度に対する最大の物理的な制約が完全に取り払われ、リードタイムを大幅に短縮することができます。また、すべてのはんだ接合に優れた精度をもたらしながら、お客様のご要望や変更に迅速に対応することができます。MY600ジェットプリンターを使うことにより、これまで払ってきた代償は過去のものとなるでしょう。


お問い合わせ

ご質問・製品またはサービスの詳細についてのお問い合わせは下記のフォームでお気軽にお問合せください。折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

メールアドレスを入力してください
メッセージを入力してください

To help us improve the website experience we would like to set Google Analytics cookies to collect information on how you use the website. For more information on how these cookies work please see our cookies policy. The cookies collect information in an anonymous form.