SIGMA Link

業界最先端
のソフトウェアパッケ
ージで 工程管理

SIGMA Link

業界最先端
のソフトウェアパッケ
ージで 工程管理

SIGMA Link

業界最先端
のソフトウェアパッケ
ージで 工程管理

検査データから

より良い製品を

生産性の向上、プリント基板工程の診断、製品品質の継続的改善を実現するには、必要なデータと画像を取得する必要がります。SPI・AOI統合データ対応のWebベースのリアルタイムインターフェースSIGMA Linkなら、複数のマシンを生産実行システムに接続することができます。データの相互相関と解析を高速で行い、工程変動の測定・制御・予測をパワフルに支援します。


主な利点

  • パワフル
    なリモート生産高管理ツール
  • SPI・AOI・MES
    統合データ処理
  • インテリジェント
    な監視・診断・トレーサビリティ機能

データをパフォーマンスに変換

SIGMA Linkソフトウェアは貴重な検査データを分析・解釈して、生産高の継続的向上に活用できるよう、必要な管理と知見を提供します。SPI・AOI統合データを中心に構築された同ソフトウェアパッケージは、拡張性のあるインライン監視、プリント基板組立工程全体の容易な診断、データと画像の完全なトレーサビリティを可能にします。そのため、新たなレベルの品質と自動化を実現すると同時に、データを掘り下げて工程の欠陥を容易に突き止めることができます。

SIGMA Importでプログラミングを簡単に

SIGMA Importソフトウェアモジュールは、ガーバーおよびCADデータからiCADおよびVISファイルを生成します。これによりAOI情報とSPI情報間でデータベースの均一性が確保されるため、容易なトレーサビリティと監査管理の基盤が提供されるだけでなく、部品からパッドまで網羅する分析が可能になります。

SIGMA Reviewで一目で結果を把握

SIGMA ReviewはSPI結果とAOI結果の相互関係を自動的に導き出し、1つの画面上に概要として表示され合格・不合格の診断が一目で把握できます。定義済みのIPC欠陥カテゴリと参照画像を使用する、簡素で高精度の欠陥分類システムがここに実現しました。

SIGMA Liveでリアルタイムの生産性管理

SIGMA Liveモジュールは製造のばらつきと傾向を即座に指摘してくれるため、リアルタイムで監視し生産高を改善することができます。SIGMA Liveがあれば工程のばらつきの根本原因の追跡、無駄の排除、工場全体のリモート監視が可能になるほか、対処法を示す情報がオペレーター画面に表示されます。これこそ、効率的な製造環境のための、究極的なアジャイル生産性管理です。

SIGMA Analysisでパワフルな生産高管理

SIGMA Analysisは、パワフルなデータマイニングソリューションを使用し、根本的な原因を調査することによって、リアルタイムの生産高管理・改善を可能にします。稼働・休止時間データ、FPY/FTY/DPMO計算などが測定値として表示されるため、プロセスエンジニアは工程のばらつきを迅速かつ簡単に測定・管理・予測することができます。

欠陥品ゼロ生産へ、SIGMA Lineでさらなる一歩を

SIGMA Lineは部品逃げリスクを低減しテストカバレッジを高めて、生産性を予想外のレベルへ引き上げるのに貢献します。SPI情報とAOI情報を相互に関連付けることによって、工程管理公差をすべての工程ステップで確実に最適化し、SMTライン効率を向上させながらテストカバレッジの最大化を行います。


パンフレット


お問い合わせ

ご質問・製品またはサービスの詳細についてのお問い合わせは下記のフォームでお気軽にお問合せください。折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

メールアドレスを入力してください
メッセージを入力してください