妥協のない

高速はんだ塗布


課題

生産に関するすべてが解決済みだと思っていらっしゃいませんか。小型化が進むにつれ、組立ラインのオペレーションはコストがかさむようになります。従来のスクリーン印刷技術を使用したはんだ印刷は、タクトは速いものの、さまざまな種類の基板への塗布は困難です。キャビティ基板、フレキ基板、異なるサイズやさまざまな技術を基にした部品すべてに、独自の生産上の課題があります。その解決策として、スクリーン印刷の下流側で複数のニードルディスペンサーを適用するのが業界では一般的ですが、生産ライン全体のスループットや生産性と効率性向上が制限されてしまいます。


ソリューション

 

妥協なき高スピード化・高精度化

ジェットプリンターによる高速のオンザフライ塗布は、ディスペンス率がはるかに遅いニードルディスペンサーが使用されているハイスループット環境下で、理想的な解決策になります。スクリーン印刷後にインラインでMY600を配置することにより、お望みの位置、タイミングで追加塗布が可能になります。基板に触れることなく単一ドットで塗布を形成することにより、高度で安定した品質を保証します。

アドオン技術として、困難な基板や部品だけではなく、臨機応変な修正変更や小ロット生産でも、量産ラインの効率性をより向上させることができます。MY600ジェットプリンターは、ディスペンサーよりも最大10倍の速さの毎時100万ドット以上のスピードで、オンザフライでの高精度な塗布が可能です。MY600ジェットプリンターは、さまざまな種類の塗布において、新たな設計への可能性を開く、柔軟性の高いインラインソリューションなのです。

 

量産と多品種生産を同時に実現

量産体制であっても、場合によっては小ロットや試作に対応する必要があります。しかし、誰もが余剰能力を持っているわけではありません。MY600をインラインで利用することにより、複雑な部品や基板設計に対応できる柔軟性が得られます。量産は他のラインに任せ、MY600でより稼働率を上げ、より短いバッチを処理し、需要が変化しても迅速に対応することができます。


約束

お客様の現在の解決策がなんであれ、ジェット印刷は多種多様で困難なアプリケーションを対象に、より優れた制御と少ないエラーで、プリント基板の品質を向上させることをお約束します。MY600ジェットプリンターは、世界中で10年近くにわたり、最も要求の厳しいメーカーからも満足いただいています。


お問い合わせ

ご質問・製品またはサービスの詳細についてのお問い合わせは下記のフォームでお気軽にお問合せください。折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

メールアドレスを入力してください
メッセージを入力してください

To help us improve the website experience we would like to set Google Analytics cookies to collect information on how you use the website. For more information on how these cookies work please see our cookies policy. The cookies collect information in an anonymous form.